コストを抑える

カードホルダー

他の企業や関係者と交流する機会においては、自分の名前や所属を売り込むことが大切になります。名刺交換によってそれを実現することもできますが、基本的には初対面の相手と行う社交辞令であり、一度会っている相手に再度名刺交換を行うのは失礼なことです。しかし、相手が自分の名前を覚えているとは限らないことから、それを自然にわかってもらうために名札をつけるのが良い方法になります。 そういった社交の場で恥ずかしくない名札を企業側が準備しておくことで、企業のロゴ等も入れて宣伝効果も高めることができます。しかし、社員全員分の発注がコスト的に難しい場合もあります。そういった際には名前部分だけ差し替え可能な名札を利用することで大きくコストダウンすることが可能です。

名前部分のみを差し替えられる名札を準備することによって、全員分の名札を準備しなくてよいことから企業全体としてみると大きなコストダウンにつながります。そういったデザインの名札の場合には、専用のネームプレートに通常のプリンターで名前を印刷できるようなサービスが提供されているのが一般的であり、別の人が利用する際に毎回業者に発注を行わなくてもすぐに立派な名札を準備することが可能であるというメリットもあります。また、使い捨ての名札とは異なり、重みやデザイン性があることから、フォーマルな場においてもよりよい印象を相手に与えることができます。こういった名札を用意することによって比較的低コストで様々な場面で企業イメージを向上させることができるのです。

痛車とはなにか

胸ポケットに入れたカード

街中でたまに見かけるアニメのステッカーが貼られた車のことを痛車と呼びます。痛車は自分で車を改造して作成することも出来ますが、予算がかかってしまうので、ステッカーを張りたい場合は専門業者へ依頼しましょう。

この記事の続きを読む